ビオチン療法のやり方まとめ〜用意するもの・飲み方・注意点〜


ビオチンは、以前はビタミンB7とも呼ばれていたビタミンB群の一種で、無味無臭の水溶性の成分です。
肝臓や腎臓、筋肉、消化管、乳酸に多く存在しており、脂質やアミノ酸の分解、エネルギーの代謝のサポート、皮膚や粘膜の健康の維持など健やかに過ごすために必要不可欠な役割を担っています。
ちなみに、ビオチンは腸内で合成されるために、基本的には不足することはありません。
しかし、喫煙や飲酒、不規則な生活によるストレスなどで体内での生産能力が低下するというケースも起こり得ます。
すると、皮膚炎や知覚過敏、脱毛症、白髪の増加、憂鬱、無気力など様々な不調が起こりやすくなります。

 

ビオチン療法の内容と効果


ビオチン療法は、文字通りビオチンを集中的に摂取するという内容の健康療法で、皮膚炎や肌荒れ、薄毛や白髪、無気力や倦怠感などの予防と改善に効果を期待できます。
また、ビオチンは水溶性の栄養素ということで、余分な分は尿として体外に排出されます。
このために、過剰摂取による問題が起こりにくいので安全性が高いということもビオチン療法の特徴となっています。
ちなみに、この健康法が国内で注目を集めたきっかけは、女優の奈美悦子さんが治療に取り入れて克服に成功したことです。
さらに、肌がきれいになったという効果も得たということで、美容という観点からも関心を集めることになります。

 

ビオチン療法で用意するものと飲み方


ビオチン療法の基本的なやり方は、

  • ビオチン
  • MIYARISAN(ミヤリサン)
  • ビタミンC

この3種類の栄養素を1日に3回飲むというものです。
>>ビオチン療法に使うビオチンサプリをランキングから探す

 

ちなみに、MIYARISANとは栄養素の名前ではなく消化整腸薬で、人間の消化管内常在菌と動物由来の生薬の主成分として用いられているUrsodeoxycholic acidという胆汁酸の一種を配合して製造したものです。

 

▼服用するタイミングと分量
なお、これらを毎食後、ビオチン1錠、ビタミンC1錠、MIYARISAN4錠という分量で1日に3回飲み続けるというのが具体的な方法です。
かなり、それぞれの推奨量よりも多くなりますが、過剰摂取によるトラブルが起きる心配はありません。

 

栄養素の補給による健康法の注意点.1

ビオチン療法では、MIYARISANという消化整腸薬も服用しますが、それ以外に使用するのはサプリメントであり、医薬品のように不調をダイレクトに改善するという内容ではありません。
このために、この健康法をスタートした直後に効果を体感するというケースは極めて稀で、ある程度の期間は継続しなくてはなりません
これは、サプリメントを用いた健康法と同様の仕組みで、効果を体感できなかったからと言ってすぐにやめてしまうのは適当ではありません。
最低でも数か月程度は続けるのが適当で、腰を据えて取り組むということが成功するための重要なポイントとなります。

 

栄養素の補給による健康法の注意点.2

ビオチンによる健康法の基本は、大量に摂取することによる欠乏症の予防と、MIYARISANとビタミンCを同時に摂取することでの相互作用による効果の引き上げです。
このために、これらを同時に摂取することがポイントであり、ばらばらにならないように注意しなくてはなりません。
特に、MIYARISANは切らしてしまわないように常に備蓄しておくことが必要です。
なぜなら、ビタミンCやビオチンはドラッグストアーやコンビニなどでも販売されており、すぐに入手できるからです。このために、唯一の医薬部外品を常に用意するということが一番の注意点と言えます。

 

栄養素の補給による健康法の注意点.3

この健康法でのポイントとなるMIYARISANは、アレルゲンフリーであり、基本的には誰でも使用することが可能です。ただし、乳酸菌アレルギーの人は注意が必要で、服用しても問題がないのかを見極めるために最初は1錠から試していくのがおすすめです。
また、この医薬部外品は人により合わない場合があり、軟便や下痢になるケースも報告されています。
これは、健康な状態にも関わらず消化整腸薬を大量に摂取したことによる反応で、不調を体感した場合には使用を中止するようにしましょう。
他の健康法と同様に、くれぐれも無理をしないということを心掛けなくてはなりません。

 

栄養素の補給による健康法の注意点.4

ビオチンによる健康法の目的は、欠乏症を予防するというものです。
このために、健康法を実行している最中には、欠乏症を引き起こす要因となるタバコやアルコールは摂取しないように心掛けなくてはなりません。

 

ニコチン・アルコールはビオチンとビタミンCを大量消費

ちなみに、タバコを吸うとニコチンの作用により、ビオチンだけではなくビタミンCも大量に消費してしまいます。このために、ビオチンの健康法自体の効果が大きく損なわれてしまうことになります。
また、アルコールの場合は分解する際にビオチンを消費してしまう上に、腸内環境を悪化させます。このために、MIYARISANを服用することにより下痢や軟便の発症率が高くなってしまいます。

 

まとめ

美容や健康に様々な効果を期待できるビオチンによる健康法は、正しい飲み方で一定期間は続けるようにするのが適当です。
今回ご説明したように、必要なものを全て用意したうえで、1日に3回という飲み方が成功への秘訣です。